2007年09月04日

毎日更新ひとり言<其の四百四拾>

 今月16日にシンガポールの
ラッフルズホテルで
挙式するのは
いいんやけど、
ラッフルズの
『120周年式典』という
ヤカラが
後から入ったクセに
式場を変更しろ。と言われたのは
8月終わり…
で、今しがた
JTBウエディングプラザ南青山から
電話が来ました。

ラッフルズからは
何の連絡も来ないから
現地のJTBスタッフが
直接ラッフルズへ出向き、
どないなっとんねん!!と
言いに行ったそーです。

『はぁ。で、
 どーなりましてん?』

「記念撮影を撮る場所を
 通常では
 お断りしている所で
 撮ってもらえるそうです」

そんなん、イランわい!!
何だか
クレーマーのように
なってきてるのも
イヤやねんけど、
天下のラッフルズめ〜っ!!
欧米人やったら
式場どいてくれ。とは
言わんかったやろ〜がぁああ!!!
…と、叫ばすには
いられない。

とりあえず、
『明日、旦那と
 話してもらえますか?』と
言いました。
マダ帰って来てへんもん、
私だけで
受け答えしたら
タダのイヤミばばあやし。

旦那さんに電話入れたら
明日、とりあえず
こんな事言うゎ。とのコト。

「客の都合で
 挙式の日が変更になれば
 何かしらのペナルティーがつくのに、
 ホテル側の都合だったら
 何にもなしですか?
 何か誠意を見せて下さい。」

さて、どんな結末が?
はぁ〜…
posted by さっちゃん at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のデキゴトひとりゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。