2006年09月03日

青春ドラマのような出来事有りマス 百八

 『1・2年生の後輩へ。』

 引退した3年生が

1・2年生に 宛てた 約束事です。


●先輩 後輩や 先生たち、その他

 上下関係を キッチリ すること。


●チーム内で、お互いが 競争し合って、

 全員が 試合に 出られるように 練習に 励むこと。  
 

●クラブと 勉強を 両立させること。


●学校生活を 充実させて 精一杯 生活すること。


  一人ひとりに メッセージも 書いていたそうです。

3年生、やるなあ〜♪

 しかし、いつの間に 後輩に手紙を?

「 あんた達は 教師か? 」 とも思いましたが、

伝統ある 男子バスケットボール部を 

引き継いで いってもらうには、

“ 上の者が しっかり言わないと いけない!! ”

 ちゃんと 自覚している3年生。感心するなぁ〜♪
 

 色んな卒業生が 指導に来てくれたり、

一緒に プレイを してくれたり。

ホントウに たくさんの 人たちの 支えによって

成り立っている チーム。

 この支えに 応えられるように なってほしいと

3年生も 願っているのです。 

 バスケットボールって 人をつなげてくれる、

自分というものを つくってくれる。 

 3年生は、

受験勉強の 息抜きに 

後輩を 鍛えに 行こう! と 計画しています。

 自分たちが 現役の頃のように 

動けないのは、百も承知。

 コッソリ 夜、走っているそうです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23208802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。