2006年08月08日

青春ドラマのような出来事有りマス 四十七

うわ〜っ、またボックスワンかぁ!

明らかな 悪質ファールに 審判が フエを 吹いてくれなかった!
 ウチのキャプテンに 何てことを!!
 怒りのあまり イスの上に立って ファールを アピールしてたら
『 し〜っっ!お静かにして下さい! 』 と言った キャプテン。


現在、高校総体に 出場していますが、

中学生の時、試合では 彼に

“ ボックスワン ” を 仕掛けられていました。

ひとり 突出した選手がいると、
 
その シューターを 抑えにかかります。

 ゾーンと マンツーを 組み合わせて

 4人が ゴール下に ボックスを つくり、

 残りの ひとりが マンツーマンで 

 ベッタリ相手の キーマンに 付く!

これが、結構 気持ち悪い。

試合は そっちのけで

とりあえず ベタベタに 近寄って 徹底的に マーク。

 4 VS 4 の試合になる 光景を よく見ました。
 
しかし、

キャプテンの 技術の方が 勝るので
    
付かれてても ふり切れるし、3ポイントは決めるし、

格の違いは 歴然です。

 相手チームの 監督が 

 付いている子に 対して メチャメチャ怒ります。 

 それでも、泣きながら 必死の ディフェンス。

思わず、『 頑張って食いついていけ! 離すな! 』 と 

応援 してしまいました。
        ※キャプテン、その節はゴメン。


 ボックスワンの弱点 ・3ポイントを打たれやすい
         
              ・ゾーンの中央が弱い
  
              ・オフェンスリバウンドに飛び込まれやすい         
これらを 駆使して 

ボックスワン対策をしました。 

 いつも ボックスワンをされていた キャプテンは、

『 このまま じーっっと 一歩も 動かずにいようかな♪ と

 思ったことも あるけど、4人が バスケをしているし、

 オレも よしてくれ♪ と思うから 何としてでも 振り切ります♪♪ 』 

と 言ってました。


街で、カラオケボックス という字を見ると、

ボックスワンを 思い出します。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22089578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。